2010年12月11日

アルコール

過度なアルコール摂取も口臭や体臭の原因となります。お酒を飲むと胃で吸収され、肝臓で分解された“アセトアルデヒド”という物質が、血流にのって肺や皮膚からニオイとなって排出され、アルコール臭くなり、口臭や体臭の原因となります。

またそれだけではなく、アルコールには利尿作用があり、体中の水分だけでなく口の中の水分も奪ってしまい、その結果、唾液が減少し、口臭の原因となるのです。

〜アルコールを飲んだときの口臭予防対策は?〜
アルコール臭さは歯を磨いてもガムを噛んでもなかなか消すことが出来ません。予防対策としてまずは過度なアルコール摂取を控えることです。そしてお酒を飲んだときには飲んだ量と同じくらい、またはその倍くらいの水分補給を心がけましょう。

しかしお酒はストレス解消には欠かせないという方もいますので、お酒を我慢することがストレスとなり、唾液の分泌量不足になることもありますので、飲みすぎに注意しながら楽しむことも大切かもしれません。

〜マウスウォッシュ(口内洗浄液)なども注意〜
アルコールはお酒だけではありません。私たちが日頃から虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の予防対策に使っている歯磨き粉やマウスウォッシュ(口内洗浄液)、またうがい薬などにもアルコールは含まれていることが多く、これらの中にはお酒よりもアルコール濃度が高いものもありますので、購入するときは出来るだけノンアルコールのものを選ぶようにしましょう。

posted by にぬき at 22:00| Comment(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。