2010年12月12日

飲食物

飲食物が原因で発生する口臭は生理的口臭といわれ、一時的なもので、誰にでも起こるものなので気にする必要はありません。

〜主な口臭の原因となる飲食物〜
・ニンニク(餃子)
・ネギ、ニラ
・タマネギ(オニオン)
・キャベツ
・ドリアン
・くさや
・らっきょう
・たくあん
・納豆
・肉類
・乳製品(牛乳・卵・チーズ)
・アルコール
・コーヒー
・お茶(緑茶)

飲食物が原因で発生する口臭は、口の中に入った食べ物そのもののニオイと、胃や腸で吸収された成分が血液を通って全身に流れて行き、皮膚や肺から排出され、それがニオイの原因となるので、歯みがきやガムなどでもニオイを消すことができないこともあり、その成分が身体の中からなくなるのを待つしかありません。

またこの一時的なニオイを気にしすぎるとストレス(緊張)となり、唾液の分泌量が抑えられ、口臭を助長してしまうこともありますので注意しましょう。
posted by にぬき at 05:00| Comment(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。