2010年12月26日

高温多湿

高温多湿は口臭の大きな原因です。高温多湿になれば当然汗をかきます。この時に体からだけではなく、口の中の唾液も蒸発しますので(唾液の分泌量不足)、口の中の細菌が洗い流されなくなり、さらに細菌が増殖しやすくなりますので、口臭がするようになるのです。

もちろんこの高温多湿による口臭は一時的なもので、水分補給をすればほとんどが解消されますので、まったく気にする必要はありません。夏や梅雨時、お風呂上りや起床時(寝起き)は汗をかき、唾液も減っていますので水分補給を忘れないようにしましょう(アルコールやコーヒー、お茶(緑茶)などは唾液の分泌量を抑えてしまう作用がありますので飲みすぎには注意しましょう)。
posted by にぬき at 20:00| Comment(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。