2010年12月09日

口呼吸

口呼吸は口臭の大きな原因の一つです。人間だけでなく動物(哺乳類)は本来鼻で呼吸する生き物なのです。鼻には空気中のほこりを取ったり、乾燥した空気を適度な湿度にしてのどや肺に刺激の少ない空気にして届けるなど、空気を浄化する機能が備わっているからです。

しかし口呼吸により外気の空気を直接口から吸い込むと、口の中が乾燥し、唾液の分泌量が不足し、また直接外気からの細菌を吸い込むことになるので、口の中で細菌が増殖し、口臭に繋がってしまうのです。

また喋ることの出来る人間だけが口でも呼吸できる唯一の動物(哺乳類)なのです。

〜口呼吸が原因でなるといわれている症状・病気〜
・虫歯、歯周病(歯槽膿漏)、口臭
・アレルギー(アトピー性皮膚炎・花粉症・気管支喘息)
・風邪
・いびき(睡眠時無呼吸症候群)
・顔の筋肉が弱まり、たるみなどの美容に影響
・頭痛、肩こり、腰痛
・集中力低下

〜口呼吸の改善方法〜
・日頃から鼻呼吸を意識する
・睡眠時にマスクやばんそうこうを使用し鼻呼吸を促す
・両方の歯でかむくせをつける
・おしゃぶりを口にする(大人でも効果的です)
・鼻孔や鼻腔を広げるグッズを利用する
・耳鼻咽喉科などで診察を受ける

口呼吸は口臭だけでなく、いまでは多くの症状や病気が口呼吸が原因で起こるともいわれるほど問題となっていますので、積極的に鼻呼吸に切り替えるように心がけましょう。

また確かに口呼吸は口臭の原因となるのですが、逆に気にしすぎるとストレス(緊張)となり、より唾液の分泌量が減少し、口臭を誘発させることになりますので注意しましょう。

posted by にぬき at 12:00| Comment(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舌苔(ぜったい)

舌苔(ぜったい)は口臭の原因となることもあります。舌苔とはさまざまな原因により、舌の表面(舌乳頭)に苔(のり)が生えたように白色・褐色・黒色の食べかすや老廃物、細菌などが結合し、付着したものです。

舌苔は健康な人にも見られ、体調や1日のうちでも量や色が変化することがありますが、通常の量であれば口臭の原因になることはありません。

〜舌苔の発生条件は?〜
・唾液の分泌量不足による口の中の渇き
・免疫力の低下(風邪・睡眠不足)
・ドライマウス
・口呼吸
・食べ残しが多い歯みがき
・タバコ(喫煙)
・加齢
・ストレス(緊張)
・全身的疾患(熱性疾患・糖尿病・シェーグレン症候群・自律神経失調症・十二指腸潰瘍)
・薬の副作用

このように舌苔の発生条件はさまざまですが、すべてに共通しているのが唾液の分泌力不足による口の中の渇きです。

この舌苔は歯ブラシなどで力を入れて取ろうとすると、舌の表面を傷つけてしまい、さらに舌苔が付着しやすくなりますので、もしも気になって取る場合はガーゼなどで優しく取ってあげましょう。

しかし舌苔を取っても原因を取り除かなければ、またすぐに付着しますので、重要なのは原因を取り除くことなのです。
posted by にぬき at 07:00| Comment(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

歯垢(プラーク)

歯垢(プラーク)とは歯の表面や、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に膜のように付着した黄白色で粘りけのある物質のことで、食べかすなどではなく、細菌(口腔常在菌)の塊です(専門用語ではデンタルプラークと呼ばれています)。

歯垢(プラーク)の中の細菌には虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因となる細菌も棲息し、これらの細菌が酸を出し、歯を溶かしていくと虫歯となり、毒素を出して歯茎を破壊すると歯周病(歯槽膿漏)となります。またこの歯垢(プラーク)が口臭(病的口臭)の大きな原因の一つでもあります。

最近よく耳にするようになった“プラークコントロール”とは、虫歯や歯周病、口臭を防ぐために歯垢が付着するのを阻止、または付着した歯垢の増殖を抑えようということです。

〜歯垢(プラーク)はどうして出来るの?〜
歯垢(プラーク)1mg中には数百種類以上、数億個の細菌が棲息し、食べ物、特に砂糖などの糖分を栄養にし、1度付着するとどんどん増殖していきます。

〜歯垢(プラーク)を除去するにはどうすればいいの?〜
歯垢(プラーク)はうがいでは取ることが出来ず、歯磨きでも丁寧で正しい磨き方をしなければ取り除くことは出来ません。

また歯垢(プラーク)は歯に付着して時間が経つと取れにくくなり、特に歯と歯の間や、歯と歯茎の間の歯垢(プラーク)は磨き残すことが多く、毎日の歯みがきでも取り切れていないのが現状です。

〜歯垢(プラーク)を放置しておくとどうなるの?〜
歯垢(プラーク)を放っておくと歯垢の中の細菌は、唾液の中のカルシウム成分と混ざり、やがて石灰化して歯石となります。

歯垢(プラーク)の段階では正しい歯みがきで取り除くことができますが、歯石に変わると歯みがきでは取り除けなくなり、歯科医でなければ除去することが出来なくなるので、日頃から歯垢(プラーク)を付着させないように正しい歯みがきや、食べかすを残さないように、食べたら歯をみがく週間を心がけましょう。
posted by にぬき at 21:00| Comment(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。